早漏症の改善にリドカインとポゼット

日本では、勃起不全や早漏症で悩む男性が増えています。
勃起不全は、勃起の障害で、早漏症は、射精の障害です。
早漏症は、ストレスなどが原因の心因性のものが多いです。
勃起不全の症状が出てから、早漏症も発症するようになったという人も少なくないです。
昔は、早漏症の改善には、行動療法がよく使われていました。
特に、セマンズ法が有名です。
セマンズ法は、パートナーと共に行なう治療方法なので、パートナーの理解が必要不可欠です。
最近では、早漏症の治療薬も増えています。
クリームタイプの早漏症の治療薬が、リドカインです。
リドカインは、世界で最も使われている局所麻酔薬軟膏です。
ジェネリック医薬品で価格が安いので、とても人気があります。
リドカインは、性行為の1時間前に使います。
亀頭と陰茎にクリームを塗布します。
性行為を行なう場合は、女性の一時的な不感症の原因になることもあるので、コンドームを着用した方がいいです。
最初は、少量から始めて、自分の感度に合わせて塗る量を調節していきます。
麻酔効果があるため、塗りすぎないように気をつける必要があります。
最近、早漏症の治療薬として注目を浴びているのが、ポゼットです。
ポゼットは、ダポキセチンを含む治療薬です。
SSRIのダポキセチンは、ノルアドレナリンを抑制し、セロトニンを増やします。
セロトニンが増えてノルアドレナリンが少なくなることで、射精を起きにくくします。
ダポキセチンの効果には、個人差があります。
1日の服用量は、60mgまでです。
頭痛や下痢、めまいなどの副作用が出るケースもあるので、注意が必要です。
ポゼットを服用して体に異常が出た場合は、すぐに医師の診断を受けることが大事です。

早漏関連の記事